2017年07月31日

パリ日記:七夕とは関係なく

さて随分と日記の更新が空いてしまいました。
全国一千万(当社調べ)読者の皆様申し訳ありません。
破天航路のメンバーは各々、これからを見据えて
大変楽しい地下活動に勤しんでいるのです…(ウヒヒ)

さてカメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA角度からのパリ日記!
JAPAN EXPO初日を終えて、2日目にあたります。

DSC_0175.JPG
朝早く開場だいぶ前に着く予定で出たのに!
なんという人人人!ちなみにこの図は会場駅ですが
乗り継ぎの電車に入れず4本以上見送ったのです…

DSC_0176.JPG
改札を出る前。出られない。
なんとかかんとかブースにたどり着いたのでした。
本日はブース出展のみ、ライブは無く宣伝活動に勤しみます。

20170706-_DSC8900.jpg
今回、共同でブースを出展させていただいたTGLAB.様。
現代日本の最先端映像がフランスでも展開されました。
破天航路は古典と現代の架け橋ができればと思っているので
一緒に展開させていただいて大変面白かったし、
ブースに訪れる方も大変興味深そうにご覧になっていた。

ypHbVng4_400x400.jpg
今回ブースにて超強力に助っ人をいただいたAIJさん!
シンガーでありながら経営者でもあり、多才に活躍。
英語も堪能で、ブースではお客様との会話を楽しんだり
破天航路のこともたくさん説明いただきました。
今回はTGLAB.様よりブースの代表として渡仏。
本当にバイタリティに溢れる、昔からの良き友人です。

18581663_10154759213798458_2005267465115615593_n.jpg
そして今回、フランスツアーのコーディネートを全面的に
バックアップしていただいた、女優の山上優さん!
彼女無しには破天航路の初ツアーは成立しなかった!
膨大にお力添えいただき(汗だくになり、大雨の中まで)
本当に感謝してもしきれない偉大な方なのです。

お二人はアーティストでもあるが故にアーティストの気持ちを
とても汲んでくれるし、それでいてきめ細やかにサポートにも
回っていただけるという、人間の魅力満載なのです。
破天航路は、本当に人に恵まれていると思います…!
きっとお返しいたしましょうぞ…!!

20170707-DSC04437.jpg
個人の連絡先ではなく、破天航路のフライヤーを配る図。
昨日のライブ見たよ!という声が、とてもたくさん。
連日いらっしゃる方も多いのであろうけど、
わざわざブースに寄ってそう仰っていただけるのは
本当に嬉しい限りで、それが一日中続いていた。
当日はライブが無いにもかかわらず、CDもコンスタントに
売れていて、どんどんフライヤーも無くなっていった。
ありがたいなあー。

20170707-DSC04587.jpg
そして閉場後、翌日に控えたライブのステージで
リハーサル。SAKURAステージは1,000人以上入る大きさ!

20170707-DSC04650.jpg
バイオリン梶原さんより現地スタッフに丁寧な説明。

20170707-DSC04745.jpg
明日のイメージを固める図。

そしてこの後、X JapanのYOSHIKI氏と偶然遭遇。
ちょっとお話させていただき、ツーショットの写真も
撮らせていただいたのだが、許可がいるかもしれないから
とりあえず自粛。
高校生の頃に死ぬほど聴きまくっていたCDの方に
「それ(ちょんまげ)本物?本当に剃ってるの?すごいね」
って言われるなど、高校生の僕には
到底予想できなかったであろう…

僕なんぞに言われたくないかもしれないが、
YOSHIKIさんは気さくです。
そりゃあファンになるわ…

その日、その後のことはあんまり覚えていないのでした…
フランスツアーの個人的なサプライズでした。てへ。

続く!


posted by SADA at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

パリ日記:Japan Expo 2017 Ichigoステージ出演

カメラマン伴貞良氏による破天航路観察日記
日程的にはフランスツアー折り返し、
JAPAN EXPO初日にして、最大のICHIGOステージに
出演する日です。収容人数1万人以上という巨大さ。

DSC_0163.JPG
当日の朝早く、リハーサルが行われる。
まだお客様は入っていない会場を通り抜け、
ちょっと離れにあるステージへ。

DSC_0164.JPG
広すぎて、歩いても歩いても中々ステージにたどり着かず!
でかーい!

DSC_0166.JPG
巨大スクリーンに映し出される破天航路ロゴ!
でかーい!

DSC_0165.JPG
僕の弾く位置からの眺め。せり出しが遙か前方に…

リハーサルを無事に終えたのは午前9:30。
既にJAPAN EXPOは開場しており、破天航路の面々は
ライブ出演の15時過ぎまではブース出展に勤しむのであった。

20170706-_DSC8907.jpg
こんな感じで。

20170707-DSC04415.jpg
ライブのグッズ売り場みたいだけど、一番の目的は
破天航路を知ってもらうこと。そのためには、
ライブを観てもらい、楽しんでもらうこと。

20170707-DSC04425.jpg
破天航路のフライヤーを配って配って配る図。
※小栗旬さんではありません。

それぞれで開場の様子を見て回ったり、JAPAN EXPOを楽しみつつ
様々な催しもチェック!メンバーの知り合いもたくさんいて
祭みたいな感じで盛り上がっていました。
それにしても初日なのに、人の多いこと!!

20170706-_DSC8971.jpg
さて遂に迎えるICHIGOステージ。
破天航路のことを伝えてくれているMCさん。
超巨大ステージを前に、すごくたくさんの方がびっしりと
破天航路のことを待っていてくれました!
着席のところはほぼ埋まっていたのでは…
写真でわかるかな?

20170706-_DSC9068.jpg
でかーい!

20170706-_DSC9172-Edit.jpg
でかくても全然意に介さず、堂々たるメンバー。

20170706-DSC03922-Edit.jpg
むしろ伸び伸び暴れられた!

20170706-_DSC9273-Edit.jpg
僕は終始落ち着いて演奏していた。というか
普段ライブハウスでやっている時も全力で表現しているし
場所が変わったからどうってことはないのだ。
一人だろうが数万人だろうが、破天航路を観てくれる人の
期待を裏切らず、期待以上に楽しんでもらいたい。
という気持ちは国や環境に影響されるはずがない。

20170706-DSC03724.jpg
破天航路というまだ無名の新人のために、それこそ
千人単位での多くのお客様がわざわざ足を運んでくれて
時間を割いてくれたということが、本当に嬉しい。

20170706-_DSC9535-Edit.jpg
まだ結成して間もない破天航路にとって、最大の大きさの
ステージでやることは、本当に意味のあることだった。
バンドとしての経験が浅い段階で、大きなステージでも
異国の国でも堂々と日本と同じことができて、
予想以上というか衝撃的なくらいに拍手喝采を浴びた。
『僕達が好きでやっていること』が、ご覧いただいた方々に
少なからず楽しんでいただけたという自負。
これは間違えなければ、きっと自分たちの成長に必要な
養分になるはずだし、バンドとしてはかけがえのない
大切な経験になったと思う。

実際、僕は間に合わず知らなかったのだが、ライブ終了後
ブースにお客様が殺到してCDが売れに売れたそうだ。
しかも販売員の方に頑張ってもらっても、
システムエラーになるくらいに!
それから初日終了まで、ずっとコンスタントにCDは売れて
ライブ観たよ!とか、次はいつやるの?というやりとりが
常にブースで飛び交っていた。

うーん、それ以外のことはあまり覚えていない(笑)
そんな初日を無事終えたのであった。

続く。


posted by SADA at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

パリ日記:Japan Expoでのブース設営デー

カメラマン伴貞良氏による破天航路観察日記
ライブライブと続いたあくる日、本日はいよいよ
JAPAN EXPO会場に乗り込むのです!

DSC_0174.JPG
JAPAN EXPOだけのためっていうわけではないと思うが
実質JAPAN EXPO駅なのです。
シャルル・ドゴール空港から2駅。

まあとにかく広いこと!会場が大きい!

20170705-_DSC8717.jpg
本日はブース設営のみ。
破天航路はTGLAB.さんと共同で、ブースを出展いたしました!
TGLAB.さんは最近立ち上がった、僕と長年の付き合いがある
友人の指揮する音楽制作チーム。
Music Movieの処女作を制作、発表したばかりで、
今回共同でブースを出展することで海外進出を果たしました。

10編のドラマ(Music Movie)からなるアルバム
"空を飛ぶ夢を見た"

20170705-_DSC8777.jpg
皆を悩ませる割に涼しい顔のSADA。一生懸命作ってます。
頼りになる小松さんと、頼りにならない僕の図。

出演するアーティストさん皆が出展するわけではないのだが
破天航路は機会を得て、ブースを出させていただきました。
これが後々とてもとても素敵なことに。

20170705-_DSC8791.jpg
今回用意したフライヤーは1万枚以上。
機材、道具、衣装がある上に紙で持っていくのは
相当困難を極めたけれど(荷物が詰められない!)
結果として持っていって良かったと思うことになる…

20170705-_DSC8874.jpg
帰りもやっぱり、よく撮られる。

20170705-_DSC8885.jpg
様々なゲストも揃い、いよいよ明日からJAPAN EXPO!

フランスに来て皆と行動を共にすることで
期間は短くても人生の経験を共有することになる。
考えや行動、感情や生きる術も共有することになる。

もちろん準備は必要なのだが、
もっと上手くとかスムーズにいくには、
ということを事前に考えていても
予想の範疇外のことばかりが起こる海外ツアーでは
(国内もそうなのかもしれないけど)
あまり役に立たないことが多いかもしれない。
その場で大きなエネルギーを捌いて、
常に最善の選択肢を選び抜いていく連続だ。

僕一人では何もできないし、ただちょんまげなだけだ。
破天航路が今大きなエネルギーだと感じるのは
やはりメンバー、そして協力してくれる方々、
応援して楽しんでくれるオーディエンスの情熱そのものだ。

フランスに来て色々あったのだけど、思い返すと
本当に行って良かったなあと思う。
このメンバーと一緒に、破天航路ができるからだ。
それが本当にありがたいし、嬉しい。

はてさて、いよいよ明日はJAPAN EXPO!
どうなることやら。


posted by SADA at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

パリ日記:ライブ "ON" セーヌ側

ということでパリから帰国して1週間が過ぎ
まだまだパリ日記は続くのです。
どうぞお付き合いいただければ幸いです。

破天航路観察日記と勝手に連携するSADA雑談!

20170704-DSC00707.jpg
ベースがあるって嬉しいねえ!!!!!!!!
という記憶が強くて、観察日記にある様に
昼過ぎ集合だったことを全く覚えていない。
ベースが届いている場所まで取りに行って、
とにかく嬉しかったことだけが印象強い。

このベースはFreedom Custom Guitar Research社製の
Dulake Flat 5弦、傾奇者カラー塗装で
パーツも僕仕様にカスタムしている、
まさに僕の音色が出るという逸品なのだ。

20170704-DSC00460.jpg
嬉しくて飛び跳ねてしまいますね。

20170704-DSC00745-2.jpg
炎天下の昼過ぎにも関わらず、たくさんの方が
足を止めてくれて見ていただきました!

01.jpg
今回、観光地は全然行ってないけど、破天航路として
色々な場所に行けたのが楽しかったなあ。

02.jpg
あと、個人的なことをひとつ…
僕と花ノ本以津輝が在籍していた「傾輝者」という
パフォーマンスグループで、台湾公演をした際に
現地で尽力してくれた、素敵な女性Jun Vena。
今はフランスの方とご結婚されてフランス在住で
破天航路のライブを観に来てくれました!
の集合の図。

破天航路は、何だか今までお世話になった方や
繋がっていた人達と、再び出会うことができる
不思議な力を持っているのかもしれない。
写真に写っている、今回本当に尽力してくれた
ツアーコーディネーターの優さんのことについては
後日しっかり書きたいと思います。
本当にたくさんの様々な方のお力をお借りして
破天航路が成り立っているんだなあと心から実感。

余談。

DSC_0151.JPG
この日はその後フリーになり、僕は宿泊所へ帰らず
パリでは有名なラーメン屋「こだわり」に出向く。

DSC_0149.JPG
まじやで!まじでうまかった!!
日本でも中々ないわ!!!

つづく。


posted by SADA at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

伴貞良氏から見る破天航路

破天航路を結成当初から追ってくれている
カメラマンの伴貞良氏のブログが新しくなり、
破天航路のことについて記事を書かれております!

http://vantherra.blogspot.jp/2017/07/2016-945-httpsvantherra.html

破天航路は本当に様々な方のご協力のおかげで
バンドの活動が成り立っております。
ありがたや、ありがたや…!

そのお気持ちにお返しするべく、これからも
面白く素敵に刺激的な作品と活動を!
どうぞこれからの破天航路にご期待ください!


posted by SADA at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする