2017年08月03日

パリ日記:シークレットライブ in パリのどこか

カメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA視点からの懐かしき日々。
JAPAN EXPO最終日、そしてパリ最終日。

20170707-DSC04707.jpg
こちらは開場前のブース。こんなに閑散としているのに
開場したら人の波に飲み込まれていくのだ。

DSC_0196.JPG
今回のツアーより販売を開始した藍染Tシャツを
製作していただいた、ブルーハンズさんより賜った
お守り!ハンカチ!不退転!退かぬ媚びぬ省みぬ!
日本のライブ会場でも引き続き販売を開始します。
伝統工芸である藍染めとコラボできたのは嬉しい!

DSC_0200.JPG
楽器に興味を持たれた方に、今回色々支援していただいた
Freedom Custom Guitar Research様のカタログを使用して
楽器についても説明しました。大変喜んでおられるご尊顔!

DSC_0217.JPG
こちらは今回のために雄志が作成してくれた
ステッカー。フランスツアーのみ、完全配布完了。
2万枚以上持っていった紙のフライヤーは全て配布。

まあ売れずに持って帰っても良いからと、強気で持っていった
CDは何と、なんと、完売!まさかの完売。
最終日はもう底が見えていたのだが、昨日までのライブの
情報や噂などが広がり、どんどんお客様がいらっしゃって
あれよあれよという間に完売になりました!
CDとスタイルブックの全種セットでご購入の方や
今いないメンバーが戻って来るまでサインを待たれた方
全員と写真を撮られた方など、強烈に受け入れていただき
感無量です。

昼過ぎにはブースの片付けが始まり、短時間で完了。

DSC_0210.JPG
ブースを片付けた後には落ち武者の霊が…

2月にふとしたことから出演が決まり、実質4ヶ月間で
準備をしてきたJAPAN EXPOがこれにて終了。
全員の中に、言葉にできない想いがあったのではないかな。
会場で販売しているビールを買って乾杯。
関係者や知人、知り合った方々にご挨拶をして会場を後に。

10日間ほどお世話になった部屋の片付け、荷物を詰めて
先日お世話になった藤井みちるさんのアトリエを再訪。
たくさんのご友人の方々が来られて、最後のパーティー。

20170709-DSC06144.jpg
フランスで本当においしいワインとチーズ、
皆様の料理と温かいおもてなしを受けて、僕達からは
ミニパフォーマンスのお返しを。
普段着だったり白塗りじゃなかったり楽器がなかったりと
いつもよりカジュアル過ぎる環境の中でも真剣に御披露目。
肩の力は抜けつつも、自分たちのやりたいことをひとつひとつ
丁寧に紡いでいけた気がする。

20170709-DSC06158.jpg
エアギターとエアベースも一音たりとも間違えず!

20170709-DSC06264.jpg
どんな状況でも精一杯生きている漢の横顔。

20170709-DSC06320.jpg
本当の本当にパリでの最後の演目。
とてもとても楽しかった旅は、肉体的には過酷だったが
とてもとても楽しい最後の夜をプレゼントされました。
皆様どうもありがとうございました!

さて後は明朝、帰るだけ。
そこは珍道中、日本に帰るまでが珍道中。
最後まで待ち受ける難関…

最終回じゃないぞよ もうちっとだけ続くんじゃ


posted by SADA at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。