2017年08月02日

パリ日記:Live in Sakura Stage Japan Expo 2017

いよいよパリ日記も佳境に!
カメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA角度からの思い出す日。
JAPAN EXPO3日目、パリでの最後のライブ!

20170708-_DSC9581.jpg
この賑わいです。ブースのすぐ側が大廊下だったので
もうひたすら破天航路のことを宣伝しまくるのだが
やはり初日のライブを見たよ!とか、感想を言ってもらえて
CDもどんどん売れていく。
そしてJAPAN EXPOのファン同士のコミュニティの中で
情報が広がっているのか、今日の破天航路のライブを
楽しみに来たよ!という嬉しいこともたくさん聞いた。

20170708-DSC04849.jpg
入念なチェックを欠かさないメンバー。
いつもは楽しく明るくても、ライブ前は真剣。

20170708-DSC04860.jpg
そう言えば僕は人の緊張感や気持ちを察するのに疎くて
この写真を見て、ああこんな感じでステージに向かって
仕上げているのか、と今思いました…

20170708-DSC04864.jpg
それでも直前はこんな感じ。
リラックスしつつ、ライブを楽しむし、楽しいのだから
ワクワクしまくる瞬間です。

20170708-_DSC9718.jpg
びっっっっしり。超満員、立ち見の方もだいぶいました。
もともとメインの通りに面しているので人が入るかも
とは思っていたけれど、まさか満員とは。
ステージに上がってびっくり。

20170708-_DSC9713.jpg
やったるでぇー!

20170708-_DSC9765.jpg
広い会場で満員のお客様の前で御披露目することは
もちろん嬉しいことではありますが、僕たちとしては
日本のライブハウスでやっている精一杯のことを
同じ気持ちで精一杯やるだけなのです。
環境が違っても、破天航路の志はいつもブレない。

20170708-_DSC9793.jpg
と言いつつも、やはり嬉しいもんです(笑)

20170708-_DSC9969.jpg
メンバーも楽しそう。

20170708-DSC05315.jpg
個人的には、パリでの最後のライブっていうことで
やはりツアーの総決算的な位置づけだった気がする。
フランス楽しかったなあと思いながら演奏していたと思う。

20170708-_DSC0046.jpg
人生で初めて、総立ちのスタンディングオベーション!
鳥肌立つっていうか、目の前の光景を理解はしていても
心が追いつかない状況でした。
え?え?何これドッキリ?みたいな(笑)

言葉も文化も違う地球の反対側でも、破天航路のライブを
皆様に楽しんでいただけたという実感に繋がり感無量。

20170708-_DSC0057.jpg
先日のICHIGOステージでのライブ後もそうだったようだが
今日のライブ後もブースに人が押し寄せてくれて
グッズがすごく売れた。スタッフを増員していたのだけど
中々追いつかない状況で、皆本当に頑張ってくれました。
僕らもとにかく写真を一緒に撮ってもらったり、
次から次へとサインをしたりという感じでてんやわんや。
嬉しい悲鳴でした。

とにかく、フランスへ来てライブができて良かった。
そう思えるのって結果的にすごく嬉しいことだけど、
出発前はその実感がないものだから、もうとにかく
愚直に体当たりで攻めるしかなかった。
それでも皆で力を合わせて、補い合って支え合って
できることを最大限、経験や知恵を絞り合って
バンドとしてツアーができたことは何より大きな経験。
そしてこれはまだ7人しかいない序章であり、
9人揃った時の本領発揮もまだ残されているのだ。
破天航路はジャンルにとらわれず、破天航路としての
エンターテイメントを切り拓いてゆきたいと
心から思うのでありました…!

続く!

posted by SADA at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。