2017年08月07日

パリ日記:ツアー終了・一路日本へ

カメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA視点からのボンジュールな日々。
パリを出発して日本に帰る日。

※この日記は文章とは全然関係ない写真を
掲載いたします!

20170707-DSC04244.jpg
思い返せばベースが届かないことから始まり
まあ海外だからあるよね仕方ないよねな事に
即座に対応していく凄腕メンバーの助けがありつつ
ようやく旅も終わり。

20170706-_DSC9273-Edit.jpg
すみれ荘メンバーに関しては伴さんの日記にて。

20170706-DSC03922-Edit.jpg
僕らは朝の6:30くらいには集合。
パリに着いてから、雨予報だったはずなのに
ずっと晴れてくれて助かった!の反動から
この日は朝から豪雨というか豪雨というか豪雨。
後で聞いたところ、地下鉄の駅浸水で封鎖とか
だったそうな…それくらいの豪雨。

20170708-DSC05161.jpg
7:00出発、8:00空港着、10:00離陸の予定。
7:15、予約していたワゴンタクシーの会社からメール。
「寝坊しましたすみません行けませんGood luck!」
5名、トランク10個以上。それぞれ超重量のため
駅から電車という手段は考えていなかった…
いやぁぁぁぁぁ外国エピソードっぽいわ!

20170706-DSC03579-Edit.jpg
午後出発なのでお休みしている優さんのお力を
本当に申し訳ないのだがお借りして(全員ずぶ濡れ)
UBERや奇跡的に通りがかったタクシーをつかまえて
3班に分かれて何とか空港へ…

20170706-DSC02949-Edit-Edit.jpg
何とか到着、合流するもチェックの人
「人生ゆっくりやろうや」
悠々と作業しているため全く進まず。
他のお客さんもめっちゃヤバイ雰囲気。
責任者の女性だけが悲壮な程テキパキとして
何とかしなければ!というオーラ剥き出しでした。

20170706-DSC02858-Edit.jpg
そのお陰で僕らは無事飛行機に乗れましたが
パリの楽しかった日々を思い返す余裕とか
免税店だワーイ小銭を使いきらなきゃー
という感じは皆無でした。笑

20170706-DSC03198-Edit.jpg
というドタバタがあったためか飛行機の中では
破天航路のこれからや、来年に向けたミーティングが
行われたり、慈五郎と小松さんなどは
日本に到着して直行で稽古場に向かい、通し稽古
というハードスケジュールのため、機内でも本読み。
それぞれの現場へと帰っていくのでした…

20170708-DSC05645.jpg
いやー無事着いて良かったね!間に合ったね!
いやな予感…

20170708-DSC05099.jpg
帰りもやっぱりひとつ、ロストバゲージかーーーい!!
同じ便のデスクだけ大量に人が混み合ってるやん!
往復ってなんだ!そして往復とも僕のバッグや!
荷物ロストの受付があるので、その場で解散…
なんという何だかなあ〜!な終わりなのであろうか!

20170706-_DSC9535-Edit.jpg
僕ら破天航路のメンバーとしてはズッコケ珍道中で
思い出色濃い旅となりましたが、日本でリアルタイムに、
またこの日記などを読まれた方にとっては
どんな風に見えていたのでしょうか…
少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

さて今月というか来週、8月17日(木)は帰国後初、
そして破天航路としても初となる体現班のみのライブ!
9月には全体ライブ、そして10月には破天航路企画
【SAWAGI!vol.2】が開催されます。
破天航路は歩みを止めずに、むしろさらに進んでいきます!
http://hatenkohro.tumblr.com/

どうかこれからも、応援していただければ幸いです!
破天航路と一緒に、奇想天外な旅を!

〜おわり〜

20170708-_DSC9977.jpg


posted by SADA at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

パリ日記:シークレットライブ in パリのどこか

カメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA視点からの懐かしき日々。
JAPAN EXPO最終日、そしてパリ最終日。

20170707-DSC04707.jpg
こちらは開場前のブース。こんなに閑散としているのに
開場したら人の波に飲み込まれていくのだ。

DSC_0196.JPG
今回のツアーより販売を開始した藍染Tシャツを
製作していただいた、ブルーハンズさんより賜った
お守り!ハンカチ!不退転!退かぬ媚びぬ省みぬ!
日本のライブ会場でも引き続き販売を開始します。
伝統工芸である藍染めとコラボできたのは嬉しい!

DSC_0200.JPG
楽器に興味を持たれた方に、今回色々支援していただいた
Freedom Custom Guitar Research様のカタログを使用して
楽器についても説明しました。大変喜んでおられるご尊顔!

DSC_0217.JPG
こちらは今回のために雄志が作成してくれた
ステッカー。フランスツアーのみ、完全配布完了。
2万枚以上持っていった紙のフライヤーは全て配布。

まあ売れずに持って帰っても良いからと、強気で持っていった
CDは何と、なんと、完売!まさかの完売。
最終日はもう底が見えていたのだが、昨日までのライブの
情報や噂などが広がり、どんどんお客様がいらっしゃって
あれよあれよという間に完売になりました!
CDとスタイルブックの全種セットでご購入の方や
今いないメンバーが戻って来るまでサインを待たれた方
全員と写真を撮られた方など、強烈に受け入れていただき
感無量です。

昼過ぎにはブースの片付けが始まり、短時間で完了。

DSC_0210.JPG
ブースを片付けた後には落ち武者の霊が…

2月にふとしたことから出演が決まり、実質4ヶ月間で
準備をしてきたJAPAN EXPOがこれにて終了。
全員の中に、言葉にできない想いがあったのではないかな。
会場で販売しているビールを買って乾杯。
関係者や知人、知り合った方々にご挨拶をして会場を後に。

10日間ほどお世話になった部屋の片付け、荷物を詰めて
先日お世話になった藤井みちるさんのアトリエを再訪。
たくさんのご友人の方々が来られて、最後のパーティー。

20170709-DSC06144.jpg
フランスで本当においしいワインとチーズ、
皆様の料理と温かいおもてなしを受けて、僕達からは
ミニパフォーマンスのお返しを。
普段着だったり白塗りじゃなかったり楽器がなかったりと
いつもよりカジュアル過ぎる環境の中でも真剣に御披露目。
肩の力は抜けつつも、自分たちのやりたいことをひとつひとつ
丁寧に紡いでいけた気がする。

20170709-DSC06158.jpg
エアギターとエアベースも一音たりとも間違えず!

20170709-DSC06264.jpg
どんな状況でも精一杯生きている漢の横顔。

20170709-DSC06320.jpg
本当の本当にパリでの最後の演目。
とてもとても楽しかった旅は、肉体的には過酷だったが
とてもとても楽しい最後の夜をプレゼントされました。
皆様どうもありがとうございました!

さて後は明朝、帰るだけ。
そこは珍道中、日本に帰るまでが珍道中。
最後まで待ち受ける難関…

最終回じゃないぞよ もうちっとだけ続くんじゃ


posted by SADA at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

パリ日記:Live in Sakura Stage Japan Expo 2017

いよいよパリ日記も佳境に!
カメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA角度からの思い出す日。
JAPAN EXPO3日目、パリでの最後のライブ!

20170708-_DSC9581.jpg
この賑わいです。ブースのすぐ側が大廊下だったので
もうひたすら破天航路のことを宣伝しまくるのだが
やはり初日のライブを見たよ!とか、感想を言ってもらえて
CDもどんどん売れていく。
そしてJAPAN EXPOのファン同士のコミュニティの中で
情報が広がっているのか、今日の破天航路のライブを
楽しみに来たよ!という嬉しいこともたくさん聞いた。

20170708-DSC04849.jpg
入念なチェックを欠かさないメンバー。
いつもは楽しく明るくても、ライブ前は真剣。

20170708-DSC04860.jpg
そう言えば僕は人の緊張感や気持ちを察するのに疎くて
この写真を見て、ああこんな感じでステージに向かって
仕上げているのか、と今思いました…

20170708-DSC04864.jpg
それでも直前はこんな感じ。
リラックスしつつ、ライブを楽しむし、楽しいのだから
ワクワクしまくる瞬間です。

20170708-_DSC9718.jpg
びっっっっしり。超満員、立ち見の方もだいぶいました。
もともとメインの通りに面しているので人が入るかも
とは思っていたけれど、まさか満員とは。
ステージに上がってびっくり。

20170708-_DSC9713.jpg
やったるでぇー!

20170708-_DSC9765.jpg
広い会場で満員のお客様の前で御披露目することは
もちろん嬉しいことではありますが、僕たちとしては
日本のライブハウスでやっている精一杯のことを
同じ気持ちで精一杯やるだけなのです。
環境が違っても、破天航路の志はいつもブレない。

20170708-_DSC9793.jpg
と言いつつも、やはり嬉しいもんです(笑)

20170708-_DSC9969.jpg
メンバーも楽しそう。

20170708-DSC05315.jpg
個人的には、パリでの最後のライブっていうことで
やはりツアーの総決算的な位置づけだった気がする。
フランス楽しかったなあと思いながら演奏していたと思う。

20170708-_DSC0046.jpg
人生で初めて、総立ちのスタンディングオベーション!
鳥肌立つっていうか、目の前の光景を理解はしていても
心が追いつかない状況でした。
え?え?何これドッキリ?みたいな(笑)

言葉も文化も違う地球の反対側でも、破天航路のライブを
皆様に楽しんでいただけたという実感に繋がり感無量。

20170708-_DSC0057.jpg
先日のICHIGOステージでのライブ後もそうだったようだが
今日のライブ後もブースに人が押し寄せてくれて
グッズがすごく売れた。スタッフを増員していたのだけど
中々追いつかない状況で、皆本当に頑張ってくれました。
僕らもとにかく写真を一緒に撮ってもらったり、
次から次へとサインをしたりという感じでてんやわんや。
嬉しい悲鳴でした。

とにかく、フランスへ来てライブができて良かった。
そう思えるのって結果的にすごく嬉しいことだけど、
出発前はその実感がないものだから、もうとにかく
愚直に体当たりで攻めるしかなかった。
それでも皆で力を合わせて、補い合って支え合って
できることを最大限、経験や知恵を絞り合って
バンドとしてツアーができたことは何より大きな経験。
そしてこれはまだ7人しかいない序章であり、
9人揃った時の本領発揮もまだ残されているのだ。
破天航路はジャンルにとらわれず、破天航路としての
エンターテイメントを切り拓いてゆきたいと
心から思うのでありました…!

続く!

posted by SADA at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

パリ日記:七夕とは関係なく

さて随分と日記の更新が空いてしまいました。
全国一千万(当社調べ)読者の皆様申し訳ありません。
破天航路のメンバーは各々、これからを見据えて
大変楽しい地下活動に勤しんでいるのです…(ウヒヒ)

さてカメラマン伴貞良氏の破天航路観察日記
に付随するSADA角度からのパリ日記!
JAPAN EXPO初日を終えて、2日目にあたります。

DSC_0175.JPG
朝早く開場だいぶ前に着く予定で出たのに!
なんという人人人!ちなみにこの図は会場駅ですが
乗り継ぎの電車に入れず4本以上見送ったのです…

DSC_0176.JPG
改札を出る前。出られない。
なんとかかんとかブースにたどり着いたのでした。
本日はブース出展のみ、ライブは無く宣伝活動に勤しみます。

20170706-_DSC8900.jpg
今回、共同でブースを出展させていただいたTGLAB.様。
現代日本の最先端映像がフランスでも展開されました。
破天航路は古典と現代の架け橋ができればと思っているので
一緒に展開させていただいて大変面白かったし、
ブースに訪れる方も大変興味深そうにご覧になっていた。

ypHbVng4_400x400.jpg
今回ブースにて超強力に助っ人をいただいたAIJさん!
シンガーでありながら経営者でもあり、多才に活躍。
英語も堪能で、ブースではお客様との会話を楽しんだり
破天航路のこともたくさん説明いただきました。
今回はTGLAB.様よりブースの代表として渡仏。
本当にバイタリティに溢れる、昔からの良き友人です。

18581663_10154759213798458_2005267465115615593_n.jpg
そして今回、フランスツアーのコーディネートを全面的に
バックアップしていただいた、女優の山上優さん!
彼女無しには破天航路の初ツアーは成立しなかった!
膨大にお力添えいただき(汗だくになり、大雨の中まで)
本当に感謝してもしきれない偉大な方なのです。

お二人はアーティストでもあるが故にアーティストの気持ちを
とても汲んでくれるし、それでいてきめ細やかにサポートにも
回っていただけるという、人間の魅力満載なのです。
破天航路は、本当に人に恵まれていると思います…!
きっとお返しいたしましょうぞ…!!

20170707-DSC04437.jpg
個人の連絡先ではなく、破天航路のフライヤーを配る図。
昨日のライブ見たよ!という声が、とてもたくさん。
連日いらっしゃる方も多いのであろうけど、
わざわざブースに寄ってそう仰っていただけるのは
本当に嬉しい限りで、それが一日中続いていた。
当日はライブが無いにもかかわらず、CDもコンスタントに
売れていて、どんどんフライヤーも無くなっていった。
ありがたいなあー。

20170707-DSC04587.jpg
そして閉場後、翌日に控えたライブのステージで
リハーサル。SAKURAステージは1,000人以上入る大きさ!

20170707-DSC04650.jpg
バイオリン梶原さんより現地スタッフに丁寧な説明。

20170707-DSC04745.jpg
明日のイメージを固める図。

そしてこの後、X JapanのYOSHIKI氏と偶然遭遇。
ちょっとお話させていただき、ツーショットの写真も
撮らせていただいたのだが、許可がいるかもしれないから
とりあえず自粛。
高校生の頃に死ぬほど聴きまくっていたCDの方に
「それ(ちょんまげ)本物?本当に剃ってるの?すごいね」
って言われるなど、高校生の僕には
到底予想できなかったであろう…

僕なんぞに言われたくないかもしれないが、
YOSHIKIさんは気さくです。
そりゃあファンになるわ…

その日、その後のことはあんまり覚えていないのでした…
フランスツアーの個人的なサプライズでした。てへ。

続く!


posted by SADA at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

パリ日記:Japan Expo 2017 Ichigoステージ出演

カメラマン伴貞良氏による破天航路観察日記
日程的にはフランスツアー折り返し、
JAPAN EXPO初日にして、最大のICHIGOステージに
出演する日です。収容人数1万人以上という巨大さ。

DSC_0163.JPG
当日の朝早く、リハーサルが行われる。
まだお客様は入っていない会場を通り抜け、
ちょっと離れにあるステージへ。

DSC_0164.JPG
広すぎて、歩いても歩いても中々ステージにたどり着かず!
でかーい!

DSC_0166.JPG
巨大スクリーンに映し出される破天航路ロゴ!
でかーい!

DSC_0165.JPG
僕の弾く位置からの眺め。せり出しが遙か前方に…

リハーサルを無事に終えたのは午前9:30。
既にJAPAN EXPOは開場しており、破天航路の面々は
ライブ出演の15時過ぎまではブース出展に勤しむのであった。

20170706-_DSC8907.jpg
こんな感じで。

20170707-DSC04415.jpg
ライブのグッズ売り場みたいだけど、一番の目的は
破天航路を知ってもらうこと。そのためには、
ライブを観てもらい、楽しんでもらうこと。

20170707-DSC04425.jpg
破天航路のフライヤーを配って配って配る図。
※小栗旬さんではありません。

それぞれで開場の様子を見て回ったり、JAPAN EXPOを楽しみつつ
様々な催しもチェック!メンバーの知り合いもたくさんいて
祭みたいな感じで盛り上がっていました。
それにしても初日なのに、人の多いこと!!

20170706-_DSC8971.jpg
さて遂に迎えるICHIGOステージ。
破天航路のことを伝えてくれているMCさん。
超巨大ステージを前に、すごくたくさんの方がびっしりと
破天航路のことを待っていてくれました!
着席のところはほぼ埋まっていたのでは…
写真でわかるかな?

20170706-_DSC9068.jpg
でかーい!

20170706-_DSC9172-Edit.jpg
でかくても全然意に介さず、堂々たるメンバー。

20170706-DSC03922-Edit.jpg
むしろ伸び伸び暴れられた!

20170706-_DSC9273-Edit.jpg
僕は終始落ち着いて演奏していた。というか
普段ライブハウスでやっている時も全力で表現しているし
場所が変わったからどうってことはないのだ。
一人だろうが数万人だろうが、破天航路を観てくれる人の
期待を裏切らず、期待以上に楽しんでもらいたい。
という気持ちは国や環境に影響されるはずがない。

20170706-DSC03724.jpg
破天航路というまだ無名の新人のために、それこそ
千人単位での多くのお客様がわざわざ足を運んでくれて
時間を割いてくれたということが、本当に嬉しい。

20170706-_DSC9535-Edit.jpg
まだ結成して間もない破天航路にとって、最大の大きさの
ステージでやることは、本当に意味のあることだった。
バンドとしての経験が浅い段階で、大きなステージでも
異国の国でも堂々と日本と同じことができて、
予想以上というか衝撃的なくらいに拍手喝采を浴びた。
『僕達が好きでやっていること』が、ご覧いただいた方々に
少なからず楽しんでいただけたという自負。
これは間違えなければ、きっと自分たちの成長に必要な
養分になるはずだし、バンドとしてはかけがえのない
大切な経験になったと思う。

実際、僕は間に合わず知らなかったのだが、ライブ終了後
ブースにお客様が殺到してCDが売れに売れたそうだ。
しかも販売員の方に頑張ってもらっても、
システムエラーになるくらいに!
それから初日終了まで、ずっとコンスタントにCDは売れて
ライブ観たよ!とか、次はいつやるの?というやりとりが
常にブースで飛び交っていた。

うーん、それ以外のことはあまり覚えていない(笑)
そんな初日を無事終えたのであった。

続く。


posted by SADA at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする